カスタム検索

零式改.com様制作の脱出ゲーム一覧

サンカクノマジナイ
--
OPEN
ゲームタイトル:
サンカクノマジナイ
制作サイト様:
零式改.com
その日の放課後、
私はクラスメイトの三倉美春に呼びだされた。
三倉美春は入学式以来、
今に至るまで実に半年以上も登校してこない、
いわゆる不登校の女子生徒だった。
今日は同じクラスの委員長である私に、
何か相談したいことがあるのだという。
場所は、化学実験室や資料室といった
普段あまり使われない教室ばかりの入った
第3校舎の3階の端。
......私もまったく来たことがない部屋で、
ドアのプレートにも何も書かれてはいなかった。
空き教室なのだろうか?
一応ノックをして名乗ってから入ると
......そこに三倉美春がいた。
じっとこちらを見る目と、
身じろぎもせずにまっすぐに立つ姿から、
どこか神経質そうな雰囲気を感じる。
それが第一印象だった。
何しろ彼女は入学式以来の不登校だから、
ほぼ初対面である。

「来てくれてありがとう」

どう話していいか一瞬迷ったが、
彼女の方から口を開いた。
薄く微笑んではいるが、
目は笑っているように見えない。

「それで、相談って、何?」

こちらも微笑もうとしたが、上手くいかない。
ぎこちない顔で、
事務的な口調になってしまったが......

「あのね......」

別にそれを気にするでもなく、
彼女はスラスラと淀みなく説明を始めた。
曰く、これからちょっとしたおまじないに
付き合って欲しいのだという。
なんでもそのおまじないとは、
本に書いてあったもので、
自分ではなく、おまじないをかける相手でもなく、
第三者に手順を踏んで
もらわなければならないのだそうだ。

「いいけど......何のおまじないなの?」

と尋ねると、

「......恋、かな」

少しだけ目を伏せて、彼女はそうこたえた。
具体的には、
この部屋で私が3つの謎を解けばそれでいいらしい。
正直面倒だとは思ったが......
これも委員長の仕事だと思うことにして、
私は彼女のおまじないとやらに、
少しだけ付き合うことにしたのだった。
ハイキョノオハナシ
--
OPEN
ゲームタイトル:
ハイキョノオハナシ
制作サイト様:
零式改.com
--
放課後影少女
--
OPEN
ゲームタイトル:
放課後影少女
制作サイト様:
零式改.com
夕暮れの学校に
「影の少女」が出るという。
彼女が満足するまで
遊んであげないと、
永遠に続く廊下から
出られないのだそうだ。
その日、
私は学校にノートを忘れ、
夕暮れの学校に赴いた――
祖母のナイショ
--
OPEN
ゲームタイトル:
祖母のナイショ
制作サイト様:
零式改.com
私は葬儀の手伝いで
祖母の自宅に来ていた。
久々に顔を合わせる親戚達と
片付けや葬儀の
準備をしていると......
ふと、部屋の隅で
私に手招きをしている
祖母の姿が目に入った。
なんだろう?
と思って側に寄ると、
私に頼みがあるのだという。

「大切な物が
しまってあるのだけれど......
出せなくなっちゃたの」

祖母の部屋まで一緒に来ると、
祖母は私にそう言って微笑む。
祖父は腕利きの家具職人で、
一風変わった仕掛けを施した
家具を作る事を得意としていた。
そのうちのひとつに
しまったものがあるのだが、
取り出したくても
取り出せなくなってしまったらしい。
私はそういうのが得意そうだから、
仕掛けを解いて欲しいと......
祖母はそう言った。

「じゃあ、お願いね」

祖母は私に頼むと、
さっさと姿を消してしまう。
多少一方的かなとは思ったが......
他でもない祖母の
お願いでは仕方ない。
こうして私は、
祖母の作った仕掛けに
挑む事になったのだった――。
滅ノ檻
--
OPEN
ゲームタイトル:
滅ノ檻
制作サイト様:
零式改.com
――気がつくと、私はその部屋の中にいた。
薄暗くて湿っぽい、四方をコンクリートの壁で囲まれた、
まるで牢獄のような部屋に。
ここはどこだろう?
あたりを見回していた私に、『声』が告げる。

『ここから出られたら、おしえてあげる』

「誰!? 私をこんな所に閉じ込めたのはあなたなの!?」

『出られたら、わかるよ。ふふふふ』

声の主は、からかうように言って、笑うだけだった......
脱出博士
--
OPEN
ゲームタイトル:
脱出博士
制作サイト様:
零式改.com
僕は世界的にも有名な
とある博士の下で働いている
博士が最近研究しているのは
画期的なセキュリティシステム
というもので
要するに
泥棒に入られないようにする
防犯の仕組みだ
今日はそのシステムのテスト
ということで、僕が身をもって
博士が開発したシステムを
試すことになっているのだが...

『さて、それでは助手君
早速テストを始めるぞ』

『わかりました
で、僕はどうすれば
いいんでしょう?』

『なに、簡単な事だ
その部屋には新たに開発した
セキュリティシステムが
既に施してある
部屋にある仕掛けを解かないと
絶対にドアが開かないのだ』

『はあ、なるほど』

『今から部屋の仕掛けを解いて
ドアを見事開けてみたまえ
それが君の任務だ!』

...ドアを開けるためだけに
いちいちややこしい仕掛けを
解かなくてはならないのか...
...あれ?
それって果たして
良いセキュリティだと
言えるのだろうか?
博士の言葉を聞いて
そんな疑問が浮かんだが...
まあ今は言うまい
とにかく仕掛けを解いて
ドアを開けよう!
そして、その後に
このシステムは
根本的に間違っていると
博士に告げねば!
なくしたもの
--
OPEN
ゲームタイトル:
なくしたもの
制作サイト様:
零式改.com
だいじなもの を なくして おかあさん に おこられた
いっぱい いっぱい おこられた
おかあさん は じぶん の へや から でてこない
もう あさ なのに
まだ おこって いるのかな?
おかあさん を おこしに いこう
いっぱい いっぱい あやまろう
おかあさん いま
いくね
D*ING ROOM
--
OPEN
ゲームタイトル:
D*ING ROOM
制作サイト様:
零式改.com
--
雨宿りの宝物
--
OPEN
ゲームタイトル:
雨宿りの宝物
制作サイト様:
零式改.com
―いい天気だった。
俺はバイクを走らせている。
大学の夏休み、田舎に帰省する友人に誘われて、
そいつの家まで向かっている所である。
高速を飛ばして3時間もすると、
そこはもう田んぼの広がるのどかな光景だ。
田舎を持たない俺にとっては、それだけでも結構新鮮で、
眺めも空気も天気も良く、快調に飛ばしていたのだが......
ふいに、それまで視界の隅っこでもこもこしていた入道雲のやつが
急成長を始め、あたりが暗くなり、遠くで雷の音まで聞こえだした。
ちょっとやばいか......と思っているうちに、
バイザーの表面でぽつぽつと水滴が弾ける。いかん。結構粒がでかい。
一応カッパもあるが、計算ではもうじき到着である。
このまま突っ切るか、あるいはどこかでしのぐか......
俺の頭がそんな計算を始めたとき、前方にそれが見えたのだった。
―小さな小屋。
たぶんバス停なのだろう。入口の脇に運行時間が書かれた標識も立っている。
ただ、赤い線で大きく×印がされているので、どうやら廃線らしいが。
そんな事を横目で見つつ、俺は小屋の脇にバイクを停めると、
すぐに中へと駆け込んだ。
すでに雨は、
ぽつぽつからざあざあに変わっている。
そこそこ濡れたが、あくまでそこそこだ。
あと数分も雨の中を走っていたら、パンツまでびっちょりだったろう。
ちょうどいい所に、適当な雨宿り先があったものである。
今日の俺の運勢は、もしかしたらわりかし良いのかもしれない。
などと、思ったのだが......
「......誰?」
小さく聞こえた声に、俺の足と思考が急停止した。
小屋の中、ほのかな暗闇の中に、誰かが立ってこちらを見ている。
身長は俺より頭ひとつ分くらい低いだろうか。
肩口までの長い髪とスカートで、女の子だと分かる。
だがなによりも、
こちらに向けられた不安そうな視線が、
俺を慌てさせた。
「あ、ああ、驚かせたならごめん。雨宿りをしようと思ってね」
すぐにヘルメットを脱いで素顔をさらす。
「先客がいるとは思わなかったんだ。ほんとごめん、すぐ出てくよ」
一方的に告げて、出口へと足を向けた。
外はかなり本気のどしゃぶりだったが、仕方がない。
こんな所で
見知らぬ女の子と2人きりというのは、
いささかまずかろう。
俺がもうちょっと調子のいい人間だったら、
うまく話して取り繕う事もできるかもしれないが、
あいにく俺は、どちらかというと不器用であり、
大いに人見知りもする人間だ。自分で言うのもなんだけれども。
小さな女の子との気まずい空間よりは、
ずぶ濡れを俺は選んだ。
ため息をつきたくなるが、
まあ、それが俺なんだ。仕方がない。
と―
「待って」
再びヘルメットをかぶろうとした俺の背中に声がかかる。
「濡れちゃうよ? すごい雨だよ?」
女の子は、そう言った。
ちょっとだけ、不思議そうな顔をしている。
「......いや、確かにそうだけど......だって、嫌だろ?
見知らぬ男とこんな所で2人だけなんて」
「ああ、なるほど。そういうこと」
俺の言葉にうなずくと、少女は小さく笑った。
「ふうん、そっか。
どうやらそんなに悪い人じゃないみたいだね。
というか、人畜無害そうな顔してるし」
......などと、笑顔でおっしゃる。
初対面なのに、かなりな言われようだ。
「いいよ、別に雨が止むまでここにいても」
「......はあ、それはどうも」
さっきとは別の意味で、なんだかいづらさを感じたが......
雨の中を走るよりかはマシかもしれない。
俺は、自分でもかなりぎこちないと分かる
笑みを浮かべつつ、頭を下げた。年下の少女に。
「ただし、手伝ってね」
「え? なにを?」
「ここ、同じクラスの男子達が秘密基地にしてるんだけど、
女は近づくなとか、ふざけたことを言ってるの。
でもって、何か宝物を隠しているみたいなんだ」
「......はあ」
「それを一緒に探して」
「え?」
......なんだか外だけじゃなくて、
バス停の中まで雲行きがおかしくなってきた。
秘密基地のお宝を探す? この娘と?
「いや、だって・・・」
「なに?」
「宝物って、そのクラスメイトの
男の子達のものでしょ?
それを勝手にいじるのは......」
「いいの」
女の子は、俺の言葉を途中でぴしゃりと遮った。
「あいつら生意気なんだもん、少しくらい困らせて泣かした方がいいの」
「はあ......」
俺はこの娘の方が
よっぽど生意気に見えるのだが......
それは口にしない方が無難だろう、たぶん。
「どうするの? 手伝ってくれるならいてもいいけど、
嫌なら出てって。邪魔だから」
腰に手を当て、俺を見上げる女の子。
なんだか偉そうだ。
ここは別に君だけの場所でもないだろうに。
とも、思ったが......
「わかった、手伝うよ」
気がつくと、肩をすくめて、俺はそう告げていた。
単に濡れるのが嫌だったのか、
あるいはこの女の子に怒られるのを避けたかったのか、
それとも他の理由か......
その辺は自分でもはっきりしなかったが、
とにかく、俺はこの場所で、小さな相棒と共に、
少々変わった雨宿りをする事になったのだった―
リフレクト
--
OPEN
ゲームタイトル:
リフレクト
制作サイト様:
零式改.com
―今日、彼が迎えに来る。
初めての、デート......
こんなに男の人を好きになったのは初めてで、
勇気を出して私から告白した。
私の気持ちを受け入れてくれたときは、
死んじゃうかも、って思うくらい嬉しかった......
そんな彼と、初めてのデート......
でも......ああ、どうしよう。
記念にプレゼントしようと思っていたものが見つからない。
彼が来る前に、見つけないと......
ふたりっきり★脱出
--
OPEN
ゲームタイトル:
ふたりっきり★脱出
制作サイト様:
零式改.com
―放課後。
日直だった俺は、担任にプリントを取りに行くよう言われ、
用具倉庫に向かった。
まあ、それは別に嫌じゃなかったのだが......
「やあ、待っていたよ」
用具倉庫には、先客がいた。
―いやがったのだ。
「ボクも先生に、キミと同じ用事を言いつけられたんだよ
さあ、共に手に手を取って、探そうじゃないか。ふふっ......」
......なんて、白い歯を輝かせるコイツは、南 長十郎。
同じクラスの......クラスメイトだ。
「............」
俺はすぐに回れ右をして、とっとと立ち去ろうとした、が......
「あ、あれ......?」
どういうわけか、今入ってきたドアが、まったく開かない。
「あ、そうそう、先生がね、ここのドアに一度入ったら、
中の仕掛けを解くまで出られないように改造したって言ってたよ。
まったく、困った先生だよねぇ......ふふふ......」
..................なん、だと?
長十郎の台詞を聞いて、確かに俺も困った。
ドアが開かない事が、じゃない。
密室となったこの場に、長十郎と2人っきりでいる事が、だ。
「冗談じゃない! その仕掛けとやらを解いて、とっとと出るぞ!」
「......うん、そうだね。がんばろうね、ボク達の明るい未来のために」
なんのつもりか、俺を見る目を輝かせつつ、照れたように言う長十郎......
俺の背中に、冷たい汗がじわりと浮かんだ。
いかん、とにかく一刻も早く脱出するぞ!
でないと俺が......ヤバい!!
トイレのツナギ男
--
OPEN
ゲームタイトル:
トイレのツナギ男
制作サイト様:
零式改.com
――ある日。
トイレを求めて公園の公衆トイレに駆け込んだ僕に、
こんな声をかけてくる人いたんだ。

脱出、やらないか?

背後から聞こえてきたその声に、僕はぞっとした。
そして思い出したのだ
このトイレに入るとツナギを着た男に襲われてしまうという
恐るべき都市伝説があったことを!!
慌てて、トイレの個室に駆け込む僕。
さあ、どうしよう・・・・・・
ドアにカギはかけたけれど、まだ外には
あのツナギ男がいるかもしれない
なんとかして、この状況から脱出しなければ・・・・・・
アナタニアイタイ
--
OPEN
ゲームタイトル:
アナタニアイタイ
制作サイト様:
零式改.com
バスルームから出ると、私の指先からいくつかの滴が床に落ちた。
その辺に置いてあるタオルで手だけ拭うと、私はリビングへ。
電話を見ると、留守番電話のランプが点滅している。
気のせいかとも思ったが、やっぱり電話があったようだ。
私はメッセージを再生してみた。

――やあ、僕だよ。
これからそっちに行くから。
変な電話とか、誰かに尾行されたりとか、今日はなかった?
知り合いの刑事さんに話はしてあるから、今日証拠を持って警察に行こう。
詳しい話はそっちに着いてから。
それじゃ――

――彼だった。
声の調子から推察すると、かなり心配しているようだ。
優しい、彼・・・・・・
これから来るなら、急いで「アレ」を探そう。
そして彼をお迎えしないと・・・・・・
このマンションの部屋にある様々な物には、
鍵やセキュリティロックがかけてある。
ストーカー行為を受けている事を聞き、心配した彼が、
そうした方がいいと勧め、つけたものだ。
戸棚や小物入れはもちろん、冷蔵庫にまでロックが施されていて、
玄関のドアなんか、3重のロックがかけてある。
おかげで、今日も入るときに苦労してしまった程だ。
心配なのは分かるけれど、度が過ぎると困ってしまう。
彼にも、そこの所は分かってもらいたいけれど・・・・・・
まあいい。今はもう言うまい。

――さて、じゃあ始めようか。
歌ってエスケープ
--
OPEN
ゲームタイトル:
歌ってエスケープ
制作サイト様:
零式改.com
ある日、部屋に入ったら閉じ込められちゃった、どうしよう。
よし、脱出しよう。
20MINUTE
--
OPEN
ゲームタイトル:
20MINUTE
制作サイト様:
零式改.com
・・・・・・その日二日酔いで寝ていた僕は一本の電話で起こされた
それは妻からのもので、今から僕のアパートに来るという
僕は、慌てた
単身赴任中の僕の所に妻が訪ねて来るのは別に構わない
ただ・・・・・・この部屋には妻には決して見つかってはいけないモ
ノがあるのだ!
長年密かに集めてきたグラビアアイドル達の写真集・・・・・・これ
だけは・・・・・・この存在だけは決して妻に知られてはいけない!
もし見つかればこれらは全て捨てられてしまうだろう
そんな事をされたら僕はもう、動悸、息切れ、めまい、食欲
不振、栄養不足、倦怠感、ED、etc・・・・・・それはもうえらいこ
とになってしまう!
写真集は全部頑丈な金庫に隠してはあるが、僕の妻は一子相
伝の暗殺拳法の正当継承者だ
どんなに堅牢な金庫でも、指先ひとつで『ボン』である
他にも仕掛けを色々と施してはいるが、妻の前では役に立つ
まい
唯一安全な手段は、自分で仕掛けを解いて金庫を開け、写真
集をどこかもっと安全な所に避難させてしまうこと――それし
かない!
慌てているのと二日酔いのせいで、仕掛けの内容が殆んど思い
出せないが、やるしかないのだ!
妻がアパートに来るまで残された時間は、あと20分あまり
・・・・・・果たして僕はこの困難なミッションをやり遂げる事
ができるだろうか?
かくて・・・・・・僕の人生の中で最も過酷で熱い20分が今、始まる
――!
親父侵入大作戦
--
OPEN
ゲームタイトル:
親父侵入大作戦
制作サイト様:
零式改.com
最近、我が愛する1人娘の様子がおかしい。
なにやら父親であるこのわしを避けているようなのだ。
年頃の娘は父親とは距離を置きたがるものだというが、我が
娘に限ってはそのような事はないはずだ。
いや、あるはずがない。
そこでわしは、妻と娘が買い物に行っている隙に、娘の部屋
に潜入する事にした。
潜入というと聞こえは良くないが、これも愛する娘の変化を
探るためだ。きっとご先祖様もお許しになるに違いない。
というわけで早速娘の部屋の前まで来たのだが、なんと娘の
部屋のドアは色々な仕掛けで固く閉ざされているではない
か!!
おそらくは年頃の乙女のつつましさと恥ずかしさから、その
ような仕掛けを施しているのだとは思うが・・・・・・困ったもので
ある。
が、そんな事は引き下がるわけにもいかぬ。
妻と娘が帰ってくるまでに、全ての仕掛けを突破し、見事娘
の部屋に突入を果たすのだ!!
浸ル水(ヒタルミズ)
--
OPEN
ゲームタイトル:
浸ル水(ヒタルミズ)
制作サイト様:
零式改.com
林間学校で、とある山の中に来ていた。
自由時間、わたしは友達のセイコちゃんと2人で散歩に出かけた
んだけど、ふと、目の前に広がる大きな湖を見て、セイコちゃん
は静かな声で、こんな話を始めたんだ。
「知ってる?ここの水の底に、昔、小さな村があったんだよ」
「へえ、そうなんだ」
「ダムが出来て沈んじゃったんだけどね、でも、女の子がひと
り、まだその村にいるんだ」
「えっ?」
「女の子は村がとても好きだったの。水の底に沈んじゃうのが
とても悲しくて、離れられなくて・・・・・・それで、村の人たちがみ
んな逃げた後も、たった一人で残って・・・・・・一緒に沈んじゃった
んだ
でもね、やっぱりひとりぼっちでいるのはさびしいから、仲間
を増やそうと思ったんだよね。暗い水の底に、一緒にいてくれ
るオトモダチを・・・・・・ねえ、わかる?その子は寂しいの。とっ
ても、とっても、さびしいんだよ・・・・・・」
「・・・・・・セ、セイコちゃん?」
どうして突然そんな話をするの? と聞こうとした瞬間、足元
の地面が崩れ、わたし達はどこかへと落ちて行く。
わたしは悲鳴を上げたけれど、セイコちゃんは何故か・・・・・・大き
な声で、笑ってた・・・・・・
・・・・・・次に目を開けたとき、わたしは全然知らない部屋にいた。
薄暗くて、かび臭くて、古臭くて・・・・・・少し寒い。そんな部屋。
セイコちゃんは、いない。
わたし1人だけ。
おまけにひとつしかないドアには、カギがかかっていた。
ここは、どこだろう?
セイコちゃんは・・・・・・?
ぼんやりする頭を振りながら、わたしはあたりを見回して、と
りあえずここから出る方法を探す事にしたんだ・・・・・・
脱出ガール2
--
OPEN
ゲームタイトル:
脱出ガール2
制作サイト様:
零式改.com
わたしのパパはエンジニアで、たまに部屋にパズルみたいな仕掛けを作っては、わたしに解いて欲しいって頼んでくるの。
なんでも、せっかくパズルを作っても、それを解いてくれる人がいないとつまんないんですって。
よくわからないけど・・・・・・そういうものらしいわ。変なの。
それで、今日も新しい仕掛けが完成したので、早速わたしが挑戦する事になったの。
パパによると、今回のは『数のパズルにこだわってみた』という話。
退屈してたから付き合ってあげるけど、やるからには負けてあげないんだからね、パパ。
脱出ガール
--
OPEN
ゲームタイトル:
脱出ガール
制作サイト様:
零式改.com
わたしのパパはエンジニアだけどシュミで推理小説も書いているの。
それで、たまに部屋に色々な謎やトリックを仕掛けて、わたしに解いて欲しいって言ってくるのね。
今日のは特に気に入った仕掛けだから、もし見事に部屋から出られたら、何か「ごほうび」をくれるんですって。
正直あんまり期待していないんだけど・・・・・・あんまりパパがニコニコしてるから、それは言わずに受けることにしたわ。
とにかく、仕掛けのある部屋から外に出ればいいみたい。
じゃあ、さっそく始めましょうか。
やるからには、本気でいくわよ、パパ。
7th DOOR
--
OPEN
ゲームタイトル:
7th DOOR
制作サイト様:
零式改.com
気が付くと、俺はここにいた。
なぜ、どうして、こんな場所にいるのかはわからない。
ただ・・・・・・。
目の前にあるドアの先に、全てのこたえがある。
そんな気が、した。
脱出少年
--
OPEN
ゲームタイトル:
脱出少年
制作サイト様:
零式改.com
あるひ、おじいちゃんちにあそびにきたぼくは、
おじいちゃんのへやに入ってみたのだ。
「しかけ」があって、でられなくなるから
はいっちゃだめだといわれていたのだけれど・・・・・・。
そんなことで、ぼくのこうきしんはおさえられはしないのだ!
で・・・・・・。
はいったら、ほんとうにでられなくなってしまったのだ!
たいへんなのだ!
おじいちゃんにみつかったら、
おしりぺんぺんじゃすまないのだ!
というわけで、なんとかここからだっしゅつするのだ!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

制作サイト様別カテゴリ

月別 アーカイブ

サイトデータ

本日のアクセス数:
昨日のアクセス数:
累計のアクセス数:
脱出ゲーム紹介数:5387
制作サイト紹介数:506-14

スポンサードリンク

アクセスランキング

リンクリスト

ブログランキング

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ゲームブログ ブラウザゲームへ

検索キーワード

  • seo

プラグイン

あわせて読みたいブログパーツ

カスタム検索